2017.06.15 Thursday

『ミッドナイト・サン』発売されました

0


    新刊『ミッドナイト・サン』(双葉文庫)が本日より入手可能となっています。

     

     

    担当編集者の森広太さんに特別な感謝を捧げます。
    私が長く抱え続けてきたこの物語に、ある要素を注入して
    完成させられたのは森さんあってこそでした。
    初めてお目にかかってからずっと密なやりとりを維持させていただき
    こんなにも早く形になったのは、森さんの熱意のおかげです!
    有難うございます。

     

    (帯裏にも森さんの熱意が弾けています!)


    そして改めて、さわや書店の栗澤さん、松昭教さん、浅野隆広さん。
    おかげさまで本当に良い佇まいの本になりました!
    重ねて感謝申し上げます。

     

    双葉文庫刊
    本体602円 + 税
    ISBN 978-4-575-52010-1

     

     

    読者の皆様、今月は『ミッドナイト・サン』、来月は『クラン后
    刊行が続きます。
    沢村鐵のお届けする物語世界を、この夏の愉しみの一つとしていただければ
    幸い至極です。

     

     

     

     

     

     

    2017.06.01 Thursday

    新刊『ミッドナイト・サン』のカバー完成

    0

       

       

      今月15日に発売される『ミッドナイト・サン』のカバーが完成しました!

       

      まず、浅野隆広さんによる装画が作品こちらです。

      ご覧のように、素晴らしいものをいただきました…
      浅野さんご自身が物語に没入いただいたからこそのクォリティだと思います。
      人物、背景、色調、濃淡。月のような、太陽のような円… マントの裾! 木の枝の具合!
      浅野さん、本当に有難うございます。

       

       

      そこに bookwallの 松昭教さん によるデザインが加わってこうなります。


      更に帯が載り、こうなります。


      (クリックすると拡大します)

       

      浅野さん、松さん、編集者Mさん。

      そしてさわや書店の栗澤さんの、総合力の結晶です。
      有難うございます!!

       

       

      なお、今作の巻頭詩として、敬愛する David Sylvian 氏の

      “Midnight Sun” という曲から、冒頭部分の歌詞を引用させていただいています。
      文庫には秋山静子・幸子両氏による訳詞が載りますが、
      こちらにはその原詞の方を掲載させていただきます。

       

       

       They've stolen the moon
       The magic is gone
       And there in it's place
       A black midnight sun
       The darkness is frightening
       And love is denied

       

       


      発売までまもなくです。
      何とぞよろしくお願いいたします。

       

       

      双葉文庫刊
      予価:本体602円 + 税
      ISBN 978-4-575-52010-1

       

       

      2017.05.21 Sunday

      新刊『ミッドナイト・サン』、さわや書店の栗澤順一さんから推薦文

      0


        6月15日に発売される『ミッドナイト・サン』(双葉文庫)について、
        盛岡・さわや書店 にお勤めの 栗澤順一さん から推薦文をいただきました!
        本の帯に掲載されます。いち早くここに掲載させていただきます。

         

         

        何気ない恋愛小説の装いから一気に急展開するストーリー
        人の精気と能力を奪う不死者――斬新な設定なのに見事なリアリティ

        本作は正義と悪を追求する沢村文学の一つの到達点だ!

         

         

        沢村の作品世界に精通されている方ならではの、深い洞察と
        熱意に満ちたお言葉。栗澤さん、本当に有難うございます!!

         


        遅ればせながら、いささか詳しい作品内容についてもお知らせさせていただきます。


        市民楽団のヴァイオリニスト・宇田川匠は、同じ楽団の涌井朱音と懇意になる。
        ある夜、匠は、19世紀のメキシコで起きた「死者の日」の出来事を語り出した。
        それは「夜の王」を名乗る男が一人の修道女の許を訪れる物語だった。
        「自分に従えば永遠に生きられる。」魔物の如きその男は、あらゆる手段を用いて

        神に仕える女を誘う。対して、彼女の危機を察知し救おうとするのはたった独りの

        少年だけだった……
        妖しく不可思議な昔語りに翻弄されるように、匠と朱音は関係性を変容させてゆく。

        東京とメキシコ――数百年の時を超えて交錯する二つの物語の結末は幸せか、破滅か?


         

        また、カバーデザインはクランシリーズでもお世話になっている
        bookwallの 松昭教さん、そして装画は

        浅野隆広さん http://asanotakahiro.la.coocan.jp/takahiroasano-hp/top.html

        にお願いしました。ただいま作業中ですが、とても素晴らしいものになりそうです。

        近くこちらにアップさせていただきます。

         

        どうかご期待ください。     

         

        2017.05.13 Saturday

        新刊『ミッドナイト・サン』(双葉文庫)、6月15日発売です

        0

           

          新作刊行のお知らせです。

           

          タイトル:『ミッドナイト・サン』
          双葉文庫刊

          発売日:2017年06月15日
          予価:本体602円 + 税
          ISBN 978-4-575-52010-1

           

           

          すでに各サイトで予約が可能になっています。

           


          内容ですが、自分でもうまく説明できません。

           

           

            一九世紀の墨西哥〈メキシコ〉と、現代の日本。
            二つの物語が交わり響き合う。
            隔てる時を繋ぐ音色は提琴
          〈ヴァイオリン〉
            夜に夜を継ぎ、息を潜めるは髑髏面…

           

           

           

          これだけでは何も分からない、とお怒りを買うのは承知しています(苦笑)
          日を追って詳しい情報をお伝えさせていただきます!
          ご期待いただければ幸いです。

           

           

           

           

          Calendar
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          << September 2017 >>
          Selected Entries
          Categories
          Archives
          Recent Comment
          Recent Trackback
          Links
          Profile
          Search this site.
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM