2020.08.29 Saturday

去りゆく一時代に捧ぐ(『極夜』より)

0

     

     

     

    〈『極夜3』第四章 顕然〉より
     

    「蘇我秘書官は、恐ろしい人ですね。心底そう思います」
     津田の非難は幾分か、自分に向けられている。当然だった。
    「もしかすると、首相が変わっても、次の首相の秘書官を務める気では?」
    「それは充分あり得る」
     鮎原は認めた。実は霞ヶ関には、そう信じ始めている官僚も多い。
    「死ぬまで権力を握り続ける気なんですね。

    でなくては、こんな気の長いことを本気でやれない。いったい、どこまで……」


    ・・・・・・・

     

     若い頃から首相秘書官の座を狙っていたとしか思えなかった。

     国の仕組みを理解し、政治家の操縦の仕方を会得しながら出世を重ね、まんまと官邸入りして筆頭秘書官の座についた。首相の方から是非にと乞われたのだ。
     蘇我金司はまさに国を仕切っている。自分の思うがままの国にしようとしている。

    それは、上と下がはっきり分かれ、一部の権力者が大衆を支配する社会だ。

    支配者側にとっては最も統制しやすい構造。鮎原は蘇我に舌を巻き続けてきた。

    国はこうやって簒奪するのだ、という教科書を見せられているような。

    自分は指をくわえて見ている子供に過ぎない気がした。

     

     

     

     

     

    〈『極夜3』第七章 報罪〉より


     篁は蘇我に向き直った。優先順位を思い出したように。
    「権力を失ったあなたなど、だれも怖くないんですよ。

     むしろあなたが、復讐に気をつけるべきですね。

     すべての政敵と、あなたが虐げてきた人民からの復讐にね」

     

    ・・・・・・・

     

     そうですね、と川路は複雑な思いで同意した。
    「もちろん奴のことだから、油断できない。

     いつ、権力者たちに強権を使わせて、カムバックを図るか分かりません。

     しかしさすがに、首相秘書官には返り咲けない。それが常識的な見方だとは思います」
     津田は希望を唄った。
     川路も頷く。そうであってほしい。

     

     

     


     

     

     

     

    2020.05.08 Friday

    続く極夜の中で

    1

     

     

     

    重ねて皆さんに、お見舞い申し上げます。

     

     

    緊急事態が続き、不自由な日々を過ごされていることと思います。
    不自由、などという生やさしい状況でない方も多くおられるでしょう。

     

    だれにとっても対岸の火事ではない。未曾有の不況が巻き起こっています。
    どの業界でもその余波を免れない。出版業界も同じです。
    営業の縮小を迫られる多くの書店さん。
    売り上げの予測を立てづらい版元さん。
    もちろん書き手も、得体の知れない未来に打ち震えています。

     

    「極夜」シリーズ完結にあたり私は、首都圏の書店さんはもちろん
    故郷の岩手の書店さんにもご挨拶して回る予定でしたが、
    すべて無しになりました。

     

     

    版元の祥伝社さんは、冒頭に掲示した、力強い POP を製作して
    書店さんに配ってくださいましたが、
    果たして幾つの書店さんの店頭に飾られたことか…
    客足が減った店頭で、どれだけの方の目に触れたことでしょう。

     


    いま、日本中の人たちが
    政府に、権力者たちに厳しい視線を注いでいます。
    彼らの挙動が自分たちの生死に直結することに気づいたから。

     

    しかし、緊急時ばかりではない。「平時」と呼ばれるときから
    彼らに厳しく目を向け、評価しておくべきではなかったでしょうか。

     

     

    日本に住む人々は政治を我が事と考えず、権力者たちについて
    おおっぴらに語ることをよしとしない。
    それが正しい態度でないことは、こうした困難な時にはっきりします。


    語らない、考えない。

    それは幼稚で、無責任でしかないということ。

     

    ふだんから我が事として考え、
    正しいリーダーを選んでおかないとどうなるか。
    全ての人がいま、身をもって感じているはずです。

     

    あの権力者は、民のために仕事をしているか?
    それとも、自分のためだけか?

     

    しっかり観察し、吟味していれば
    見極められないはずがありません。


    小説家には、多くの人に警鐘を鳴らし、
    鋭い感性を育てる手助けをする役目も持つ。
    これからも自分の仕事を全うしたいと決意しています。

     

     


    坂本龍一さんの金言「炭鉱のカナリア」を含むライヴレポートを。
    http://blog.t-sawamura.net/?eid=1177828


    いま思えば、極夜の訪れを予見したような拙ブログも再び。
    http://blog.t-sawamura.net/?eid=1177826
    http://blog.t-sawamura.net/?eid=1177818

    http://blog.t-sawamura.net/?eid=1177811
    http://blog.t-sawamura.net/?eid=1177799

     

     

     

    ただただ、皆さんがご無事でありますように。

     

     

     


     

    2020.04.15 Wednesday

    シリーズ完結篇『極夜3 リデンプション』、アンソロジー『刑事の灯』、本日発売です

    0

       

      まず、全国の皆様にお見舞いを申し上げます。


      世界中が緊急事態にある中、「不要不急」と言われかねない

      新作小説をお届けすることに複雑な思いを抱いています。

       

      しかし『極夜3 リデンプション』(祥伝社文庫) 

      は私にとって大切なシリーズの完結篇です。

      そして、ただのエンターテインメントではありません


      いまこの状況こそが “極夜” ではありませんか。

       

      このシリーズのテーマは一つではなく、主人公の天埜唯、隼野一成。

      その他の登場人物たちの命を懸けた信念と行動を描ききることももちろん、

      大切な目的です。
      同時に、いままさに日本を混乱に陥れ、

      コロナ禍を「人災」そのものにしている権力者たちの正体を暴くこと。

      この国の病根がどこにあるのかを解き明かしたいという切望も込めた、

      渾身のシリーズとなりました。

       

      巻末には文芸評論家・野崎六助さんによる解説も付いています。

      『極夜1 シャドウファイア』の段階でご高評いただいたことが嬉しく

      (詳細はこちら http://blog.t-sawamura.net/?eid=1177837)、

      シリーズ全体の解説を依頼申し上げたところ、こころよくお引き受けいただきました。

      おかげさまでとても深いご解説をいただけました。

       


      この「極夜」シリーズ、大変なタイミングで完結を迎えることになってしまいましたが…

      外出もままならない今、意味深い物語を求めている皆さんと、共にありたい。

      そう願っています。

       

       

      アンソロジー『刑事の灯』(双葉文庫) に収録された
      「道案内 -警視庁捜査一課・小野瀬遙の黄昏事件簿は、

      「極夜」とは打って変わって、“癒やし系警察小説”とでも申しましょうか?

       

      警察小説であり、クランシリーズと世界観を共有しながらも(晴山旭が登場)、
      一方で『封じられた街』『十方暮の町』などと通ずる要素も備えています。

       

      共著となった皆さんの諸作ともども、ぜひ、お楽しみいただければ幸いです。

       


      返す返すも、いま我々は歴史的な危機に直面しており、
      自分と、大切な人たちの命を守るために辛抱を強いられています。


      非常時にこそ人間の真価が試される。

      信頼できるものとできないものの差も、明瞭になる。


      国とはどうあるべきか?

      人とはどうあるべきか?

      自分がとるべき最善の行動とは?


      とことんまで思慮する機会を与えてくれます。

       

       

      いまは耐えましょう。
      晴れて皆さんにお会いできる日が遠くないことを祈っています。

       

       


      さて、補足情報と、未来について少し

       

      『極夜』シリーズには、本編に入れられなかった 幻の場面 がいくつかあります。
      それを “「極夜」Outtakes” と題し( Part 1 & Part 2 )、

      note https://note.com/tetsusawamura にて本日より、特別に公開します。

      『極夜』の物語世界を愛してくださった皆さんへのささやかなプレゼントです。

       


      ・『あの世とこの世を季節は巡る』以来、久しぶりの ダークファンタジー 
       夏 に刊行されることが決定! 続報をお待ちください。

       

       

      ・沢村の 次のシリーズ を早くも準備中です。

       中央公論新社より、夏〜秋頃のスタートになります。

       乞うご期待!

       

       

       

      2020.03.24 Tuesday

      シリーズ完結篇『極夜3 リデンプション』、カバー完成

      0

         

         

        新型コロナウイルス禍に悩む全国の皆さんにお見舞い申し上げます。

        来月こそは、この閉塞状況に光が射すことを祈って…

         

         

        4月15日(水)発売 『極夜3 リデンプション』の発刊準備が、粛々と進んでおります。

         

        泉沢光雄さんデザイン によるカバーが完成しました!

         

        帯入りはこちら。

         

         

        書店店頭の POPデザイン も近く公開させていただきます。

        さらには、『極夜』シリーズのアウトテイク も、

        〔沢村鐵 note〕 https://note.com/tetsusawamura で公開する準備も進めています。
        アウトテイクとは、物語の流れ上、シリーズ内に収録できなかった場面のことです。

        (4/15 以後に公開予定。これは、初の試みです。
        このシリーズを愛してくださった皆さん。
        思うように外で発散できず、読むものに飢えている皆さんへの、
        私からのささやかな贈り物です)

         


        間髪を容れず、4月16日(木) には、警察小説アンソロジー『刑事の灯』

        も発売されます。こちらも少しずつ情報を公開していきます。
        どうかご期待ください。

         


        皆さんそれぞれ、大変な日常をお過ごしと思いますが、
        沢村の新作が少しでも心の憩いとなれば幸い至極です。
         

         

         

         

        2020.02.15 Saturday

        お詫び: 『極夜3』の発売日変更

        0

           

          『極夜3 リデンプション 警視庁機動分析捜査官・天埜唯』

          の発売を、2020年4月に変更させていただきます(具体的には 4/10頃です)。


          「来月」とお伝えしてきましたが、諸事情により1ヶ月長くお待たせして
          しまうことになりました。お詫び申し上げます。

           

           

          しかし既に執筆を終えており、大切なシリーズの完結篇を
          より満を持して読者の皆さんに届けるために、お時間をいただくと
          捉えていただければ幸いです。何とぞよろしくお願いいたします!

           


          さて、お待たせしてしまう代わり、というわけではありませんが…

          アンソロジーが出ます!(次のブログに続く)

           

           

           

          2019.11.11 Monday

          『極夜2 カタストロフィスト』発売しました

          0

             

            『極夜2 カタストロフィスト
             
            警視庁機動分析捜査官・天埜唯

             発売です。

             

             祥伝社文庫刊 定価 740円[本体]

             

            (ただし、正式な発売日は「13日」となります。全国への搬入が一様でないためです。

             どうかご了承の程、よろしくお願いいたします。)

             

             


             

             

             

            全く新しい展開を迎える、3部作の第2弾。

            物語はまさに佳境です。

             

             

             

             

             

             

             

            隼野・天埜たちと共に、次巻の完結篇まで駆け抜けます。

            どうぞよろしくお願いします。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            そして今日は、私の誕生日でした…

            発売とたまたま重なりました(笑)。

             

            2019.10.25 Friday

            『極夜2 カタストロフィスト』カバー完成

            0

               

              11/11 発売 の 極夜シリーズ第2弾 のカバーが完成しました。

               

               

               

               

              極夜2 カタストロフィスト
               警視庁機動分析捜査官・天埜唯 』
              祥伝社文庫刊 11/11 発売 定価 740円[本体]

               

               

              細部までご覧ください。何か飛んでいます。

              稲光、石畳、幽玄の中の女捜査官…

              Remarkable !!  

              デザインの 泉沢光雄さん、ありがとうございます!

               

               

              おかげさまで第1巻は嬉しい反響をいただいております。
              日本経済新聞8/22夕刊 の書評欄で 野崎六助さんにご高評いただいた

              → http://blog.t-sawamura.net/?eid=1177837

              のに続き、私の故郷、岩手県の 岩手日報 9/22 の書評欄でも

              大きく取り上げていただきました。ありがとうございます!

               

               

              第2弾、まもなく発売です。

              どうぞよろしくお願いいたします。

               

               

               

               

              2019.10.10 Thursday

              「極夜」シリーズ第2弾『カタストロフィスト』、11/11 発売決定!

              1

               

              8月刊、『極夜1 シャドウファイア 警視庁機動分析捜査官・天埜唯』
              の続編を、あまり間を置かず、皆さんにお届けできる運びとなりました!
              ぜひ、お手にとっていただければ幸いです。

               

               

              『極夜2 カタストロフィスト
               警視庁機動分析捜査官・天埜唯 』

              祥伝社文庫刊 11/11 発売  定価 780円[本体](予定) 

               

               

              おかげさまで第1巻は嬉しい反響をいただいております。
              日本経済新聞8/22夕刊 の書評欄では、野崎六助さんにご高評いただきました。
              『「新しい中世の闇」に誘う』という、とても趣のある書評タイトルにしていただき、
              感激しました。

               

               

              隼野一成 と 天埜唯 の捜査チームは、現代に生じた「新しい闇」
              更に奥深くに分け入ります。
              彼らの苦悩と祈りを、共有していただければ幸い至極です。

               

              シリーズも佳境。完結まで遠くはありません。
              どうか何とぞ、ご期待ください。

               

               

               


              最後に余談。
              最高の盛り上がりを見せているラグビーワールドカップ。
              私の母校跡に建設された釜石鵜住居復興スタジアム 
              https://kamaishi-stadium.jp/

              で行われる試合と、関わる全ての人に幸あれ! 
              と今、どうしても叫びたかったのです(笑)

               

               

               

              (写真は、釜石市のサイトより転用させていただきました)

               

               

               

               

              2019.08.14 Wednesday

              都内書店訪問記

              2

               
              昨日、「極夜」シリーズ開幕 に合わせ、都内の書店さんをお訪ねさせていただきました。
              高温多湿の東京を9店回らせていただき、同行してくださった祥伝社の編集部員・販売部員の

              皆さん共々汗だくに(笑) でも書店の皆さんのご歓待のおかげで、元気一杯です!

               

               

              紀伊國屋書店新宿本店さん。

               

               

              このお店は、警察小説のみならずどんなジャンルの本をお届けしても、

              常に厚い展開をしてくださいます… おそらく、デビューの時からずっと。

              紀伊國屋書店さんなしに今の私はありません。

              本当に感謝しております!

              (直近では『雨レク』発刊時の、紀伊國屋書店新宿本店さんの様子がこちら

                http://blog.t-sawamura.net/?eid=1177827

               

              わざわざツイートでも紹介していただきました。

              https://twitter.com/KinoShinjuku/status/1161108501118144512?s=20

               

               

              ブックファースト新宿店さん。


              華やかなポスターのすぐ隣りに、場違いにも不穏なパネルや色紙を貼らせていただき

              申し訳ありません。でもお陰様ですごく良い対比になりました(笑)
              ありがとうございます!

               

              (サイン本をパッケージするご担当のSさんの手元。

               いろんな雑談もさせていただき楽しかったです)

               


              旭屋書店池袋店さん。


              警察小説を書き始める以前、『封じられた街』などの児童書を発刊したときにも
              よく訪問させていただいた書店さんです。この度も、ありがとうございます!

               

              ツイートでも紹介していただきました。

              https://twitter.com/asahiya_ike/status/1161818359085719554?s=20


               

              三省堂書店池袋本店さん。

               

              こちらは、三省堂さんに変わる前から馴染みのあるお店です。
              そんなお店でこんなにも大きく展開していただきとても嬉しいです。

               

              ツイートでもご紹介いただきありがとうございます!

              https://twitter.com/ikehon_sanseido/status/1161146972591411201?s=20

               

               

              ジュンク堂書店池袋本店さん。


              こちらも、私が著すどんなジャンルの本も分け隔てなく
              展開してくださる有り難いお店です。前回お邪魔した際には、
              『あの世とこの世を季節は巡る』を大きく押し出してくださいました。

              http://blog.t-sawamura.net/?eid=1177810

              この度も、本当にありがとうございます!

               

              ツイートでも紹介していただきました。

              https://twitter.com/junkuike_bunbun/status/1161143975379492865?s=20

              (ご担当者のKさん、チャビもシルバも最高です 笑)

               


              三省堂書店有楽町店さん。


              今回のツアーで最もお訪ねする機会が多かったのが三省堂さんですが、
              一番嬉しい衝撃を受けたのがこちらのお店でした。
              この日ご担当してくださった三省堂のIさん。
              以前別の土地(某六本木)、別の書店さん(某有名系列店)にお勤めに
              なっていた際も、私の警察小説シリーズを長きにわたって大きく展開して
              くださっていたことがこの日、判明したのです!

              まさかここで恩人に出会えると思わず、感謝感激。

              気がついたら長居してしまっておりました(苦笑)
              Iさん、本当にありがとうございます。お陰様です。これからも頑張ります!

               


              そして駅内のお店、
              三省堂書店東京駅一番街店さん。


              Book Express Ecute上野店さん。


               

              駅内書店は警察小説シリーズには必須。「一柳美結」「クラン」シリーズ から
              私もずっとお世話になっています。沢村の警察シリーズにとって大動脈というイメージ。

              いつもありがとうございます。今後ともどうかよろしくお願いします!

               


              丸善丸内本店さん。


              落ち着いた大人の雰囲気に包まれたお店で、いつも不穏な雰囲気の私のシリーズを
              押し出していただきありがとうございます。これからもご期待に添えるよう
              頑張って参ります!

               

               

              お盆休みの混雑とご多忙の中、どの書店さんも優しく迎えてくださり
              ありがとうございました。重ね重ね御礼申し上げます。


              いただいたバックアップを力に変え、シリーズ完結まで駆け抜けます。
              引き続き何とぞよろしくお願いいたします!

               

               

               

              2019.08.09 Friday

              『極夜1 シャドウファイア 警視庁機動分析捜査官・天埜唯』発売しました

              1


              沢村鐵の 新シリーズ開幕篇、本日発売です。

               

               

              『 極夜1 シャドウファイア 警視庁機動分析捜査官・天埜唯
              祥伝社文庫刊 定価 780円[本体] 

              http://www.s-book.net/plsql/slib_detail?isbn=9784396345525

               

               

              発刊に携わってくださった皆様。
              とりわけ祥伝社の皆さん、お待たせいたしました。
              思えば、シリーズ執筆のご依頼をいただいたのはずいぶん前です。
              良いシリーズにするために、準備期間も多くいただき、
              厚くサポートしていただいたことに感謝します。
              シリーズ完結までどうぞよろしくお願いします!

               

              そして……お待たせしすぎて、すでに祥伝社にいらっしゃらない
              初代担当者さんにも、格別の感謝を。

               


              読者の皆さんも長らくお待たせしてしまいました。


              でも、しっかり準備期間をいただいたおかげで
              各巻の間隔を開けずに完結までひた走ることが可能となりました。
              ぜひ現物にてご確認いただきたいのですが、この第1巻の 帯裏 には
              すでに 第2巻、第3巻の予告 も掲載しています!

               


              隼野一成天埜唯

              まったく対照的な刑事が、
              終わらない夜のような事件に挑みます。
              まだ見ぬ未明の光に向かって、
              一緒に完走していただければ幸いです。

               

               

               

               

               

               

               

              Calendar
                12345
              6789101112
              13141516171819
              20212223242526
              27282930   
              << September 2020 >>
              Selected Entries
              Categories
              Archives
              Recent Comment
              Recent Trackback
              Links
              Profile
              Search this site.
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered by
              30days Album
              無料ブログ作成サービス JUGEM