<< これは他人事なのか | main | 宝石(高鈴Live) >>
2009.04.23 Thursday

読者のみなさんからの声

0
    『封じられた街 〜薄氷(うすらい)のディープシャドウ〜
    が発売となり、シリーズが完結して1ヶ月と少し経ちました。

    とても有り難いことに、読者のみなさんからいくつも
    お葉書やご感想をいただいています。
    これまでいただいたものの中から、ご本人に許可をいただいて
    いるものを、ここに掲載させていただきます。


    主人公の織田さんがとてもかっこよかったです。
    創はとても妹思いで優しい子だと思いました(たよりなかったけど…)。
    衛もとてもかっこよかったです。
    日比野さんがどうなったのか、秀平は生きてるのか、
    衛はどんな絵を描いたのか、放火魔はだれなのか、とても気になります。
    次の巻がまちどおしいです。

    (15才・女性 茨城県 ゴンさん)

    このゴンさんの感想は、前巻 『封じられた街 〜北風のポリフォニー〜』
    発刊後にいただいたものです。
    以下は、完結篇刊行後にいただいたものです。


    封じられた街は、すごくほんとうぽくて
    よみごたえがあっていいです。
    たまにせすじがゾッとしたり、感動したり、
    してよすぎです。

    (12才・女性 富山県 中瀧琴乃さん)

    沢村鐵さんの小説が大好きです。
    (15才・女性 東京都 匿名希望)

    現実にはない話なのだけれど、登場人物たちの感情、
    人を思う心、人を恨む心には、何もなく
    「私がこの人だったら…」と物語の中に引きこまれてしまいました。
    本を読むと背中がゾクゾクしたり、涙がこぼれるほど感動したりと、
    いろいろな感情があふれ出してきました。
    礼美さん、真穂さんの過去をもっと詳しく知りたいです!

    (12才・女性 千葉県 匿名希望)

    ぐぐーーっと引き込まれ、あっという間でした。
    私は、ゾンビとかエイリアンなんかは平気なんですが、
    得体の知れない「何か」という「モノ」には敏感で、
    『もののべ様』の描写には鳥肌立ちっぱなしでした。
    横になりながら読んでて身体が棒のように固まってしまいました。
    そして、結末に向かうにつれての人間のアタタカサ、深さには感動で一杯。
    「リアルホラー」に例えられる小説なのでしょうが、
    その枠には収まりきれないステキな物語、深く感動しました。
    「お話し」の域に留まらず、今ある自分の周りの世界もこうあって欲しい!
    と強く願う次第です。もう3回ほど読んでいます。

    (30代・女性 宮崎県 meymieさん)


    このブログに、素晴らしい感想を書き込んでいただいた
    紅亜さん
    蓮華さん

    にも、改めてお礼申し上げます。

    みなさん、本当にどうも有難うございます!


    コメント
    私も読みましたよー^^
    本はじっくり読みたい人なので、3回読みました。4回目はしばらく時間をおいてまた読んでみようと思ってます^^
    私は沢村さんの本は『封じられた街』から読みはじめたので他の作品を知らないのですが、この1冊でかなりほれ込み、他の作品も読みたいと思いました。
    ストーリーもそうですが、表現のしかたがすごく好きです。いつのまにか主人公が味わっているであろう感覚におちいってることがよくありました。光景が鮮明に頭の中に浮かぶのです。それがすごくリアルなんですよね^^
    ぞくっとします。
    私はホラーは嫌いなのですが、これはただの怖さではないですね!すごく気に入りましたよ!
    音楽の趣味でもそうですが、色々世界がある人なんだな〜って伝わってきますね。これからもよろしくお願いします♪他の作品も読んでみたいと思います〜♪では^^
    • うんぱ
    • 2009.04.23 Thursday 23:56
    > うんぱさん
    ありがとうございます!
    嬉しいです。
    他の本もお読みいただけたときは
    気軽にご感想をお寄せ下さい。
    • 沢村鐵
    • 2009.04.24 Friday 23:25
    お久しぶりです♪
    そんな、私如きが・・・ ^O^でも嬉しいです。
    そして、またまた関係ない話しますが・・・orz
    沢村さんのデビュー作、雨の鎮魂歌を本屋で探してみたのですが、見つからなく、図書館で借りて読みました!!
    面白すぎて夜ずっと読んでて親に怒られた・・・^^;
    まあ、そんなこと気にしませんけどねっ☆
    鎮魂歌は、学校で読んだり、学校帰ってきてから読んだり、寝る前に読んだり、学校行く前に読んだり・・・。そして今日の朝、読み終わりました! いい話ですねぇ〜///
    本当に次こそは運命の女に気をつけろ、を読みたいものです。
    これからも頑張ってください!
    応援してます☆
    • 紅亜
    • 2009.04.28 Tuesday 20:40
    > 紅亜さん
    いつも応援ありがとうございます。
    『雨レク』(デビュー作は略してこう呼んでいます)、
    読んで下さったんですか! しかも楽しんでいただけた
    ようで、とても嬉しく思います。

    「沢村鐵が初めて本を出させてもらうときは、
    どうしてもこの物語でなくてはならない」
    という思い入れが、運よく実現した本です。
    もう9年前の本ですが…

    いつも熱心に読んで下さって、紅亜さんには
    とても励まされています。心から感謝しています!
    いつでも気軽に、ここへ遊びに来て書き込んで下さいね。
    これからもよろしくお願いします。
    • 沢村鐵
    • 2009.04.29 Wednesday 13:47
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM