<< 読者のみなさんからの声 | main | SELF PORTRAIT ! behind the mask ! Perspective !(坂本龍一Live) >>
2009.04.26 Sunday

宝石(高鈴Live)

0
    高鈴のライヴに来ると、いつも悔しくなる。
    自分が男だってことが。
    俺も女性になって唄いたい!
    ついそう思うほど、ヴォーカルの山本高稲さんは
    自分の歌に、全霊を込めて唄い上げる。
    繊細にして力強い歌声で。
    それが、最高にいい波動になって伝わってきて…

    山下達郎さんのライヴレポの時にも書いたけど、
    山本高稲さんにも人並み外れた「歌力」を感じる。
    だから今回のブログのタイトルは「歌力part 2」でも、
    「歌力・女性編」でもよかったんだけど。
    でも、新譜「ヒビノウタ」 (下記)の曲のなかに、
    ちょうどいいタイトルがあったので使わせてもらいました。



    高鈴の音楽は、薄闇のなかにひっそり輝いている
    一粒の宝石のようだと思う。
    ひとたびそれに気づくことができたなら、
    見つけた人の心を確実に癒してくれる。
    少し幸せにしてくれる。

    今回のライヴは、山口彰久さんのギターに加えて、
    ヴァイオリンの女性も一人加わったので更に音色が豊かだった。
    ヒビノウタ・ツアーということで、新譜からの曲をメインに披露。
    女性の怖さを明るく描いた(笑)「カット」
    PVの上映会もした「愛してる」など粒ぞろいで、
    個人的には「四角い部屋の迷路」が印象に残った。
    壁にぶつかったときに聴きたい曲だなあと思った。
    内に閉じこもりがちな現代っ子たちにもぜひススメたい(笑)

    でもやっぱり、初めて高鈴の音楽に出会った
    1st アルバムの曲を聴くと格別な思いが込み上げる。
    「リトルダンス」「溺れる青い鳥」「真夜中の後悔」
    そして――「すれ違い」
    この曲は、自分のなかではもはや、一編の名作映画。
    山本高稲さんの歌声が紡ぐ物語のなかに、
    心が完全に連れ去られる。

    ああ、いいなあ。やっぱり。
    四度目だけど、また来よう。
    そう思った。

    最後につけ加えると、ギターの山口さんの、
    関西出身者とは思えない訥々としたMCも魅力だ。
    お、ちゃんと喋った…ってだけで、
    ホッとして笑いが起きるMCってなかなかないですよ(笑)


    Setlist 4/26 mona record @下北沢

    FLY
    リトルダンス
    すれ違い
    カット
    宝石
    四角い部屋の迷路
    きれいになあれ
    涙なんかいらない
    すこしずつ
    愛してる
    溺れる青い鳥
    encore
    真夜中の後悔
    (「愛してる」PV上映)
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM