<< あっ…東風が吹いてきた。(WORLD HAPPINESS 2009) | main | 遙か遠くへ。 >>
2009.08.13 Thursday

日没までに。(オトナモード裏ワンマンLIVE)

0


    また行ってしまったオトナモード。
    先月行ったばかりなのに。でも今回は、
    Watercolor Tour After Party
    “Another Pallet”〜オトナモード裏ワンマン〜

    と銘打たれているように、ツアーで演らなかった曲をすべて演る
    エクストラ・ショウ。手作りパンフレットが配られたり、
    お客からメンバーへの質問を募集したりして、
    曲のあいだにふんだんにトークタイムが盛り込まれるという、
    ゆるさと親しみにあふれたスペシャルイベントだった。

    トークタイムは大盛り上がり。ツアー、アルバム製作の裏話から
    モノマネまで、笑い声が絶えない。メンバーの仲の良さが微笑ましい。
    一人一人キャラが立っててどんなセリフも聞き逃せないけど、
    中でも俺が注目してたのはキーボードの山本健太さんだ。
    先月のライヴでも感じてたが、彼のトーク力の高さ、ギャグセンスの
    良さは際だってる。サウンド面でも達人で、バンドの中では最も
    プロデューサーの位置に近い人じゃないかと思ってたが、話を聞いてて
    やっぱりそうだと確信した。しかもコーラスまでが素晴らしいのだ。
    美しいファルセット。まだ25歳か…この人の行く末がなんだか楽しみだ。

    ライヴ自体ももちろん素晴らしかった。表ツアーでは割愛した曲群だから
    静謐な曲が多くなる。それがこのバンドの深さをよく表してくれる。
    今流行り、とは一線を画した透明度、清冽な空気感。
    たとえば「十月の雨」の文学性の高さ…痺れるんだよなー。
    二十代前半でこういう楽曲を作れるとは。どうにも参る。
    そしてアンコールの「雨色」は圧巻。表ツアーでは高橋啓太さん一人での
    弾き語りヴァージョンだったが、昨夜はバンド形式のアコースティックVer。
    心を持って行かれる。サビの歌声の、なんと凛然たる…
    日本中に届く日も遠くない気がするんだが。

    なんか彼ら、バンド名で損してる気もするし、食わず嫌いの人も多い
    と思うので、よかったらこれ。好きなPV並べときます。
    お盆休みで妙にヒマな方がいたら、どうぞ。タイトルクリックして下さい。

    サイレント
    風になって
    グリーン


    今回のブログタイトルは、会場で振る舞われていたバンドメンバーの
    オリジナルカクテルから。高橋啓太さんプロデュースのカクテルで、
    未発表曲のタイトルでもあるそうです。
    他のメンバーのカクテルは、ベースの“トマソン”林さんの「南国野郎」
    ドラムの小野田さんの「チェリーレッド」はいいとして、他の二人のは
    載っけるのがはばかられる…だけど写真撮ってきたんで、気が向いたら
    クリックしてください。笑うか引くかビミョーなところ(笑)


    なんにしても今年は、相対性理論と彼らに出会えてよかった。

    Setlist 8/12 @渋谷duo MUSIC EXCHANGE
    憧れ
    空の向こう側
    風のつよい日
    十月の雨

    太陽の行方
    車窓
    幸せのある場所
    then
    森をぬけて
    満ちてゆく夜に
    眠りの海
    その瞳で
     アンコール
    雨色



    さて沢村、週末よりちょっと南へ行って参ります。





    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM