<< 日没までに。(オトナモード裏ワンマンLIVE) | main | I'm going back to 505(Arctic Monkeys LIVE) >>
2009.09.11 Friday

遙か遠くへ。

0
    また、しばらくブログを上げられなくなりそうなので…
    今のうちに無理やり上げときます。
    ちょっと前のトピックスですが、最近目にして感慨を深くしたのがこれ。
    (★のついたタイトルはすべて外部の記事にリンクしています。)

    ★人類は7万年前に絶滅寸前、全世界でわずか2000人
    ★人類は少人数の群れに分かれて10万年を過ごした、厳しい干ばつが一因か




    人類の、いわゆる「出アフリカ」の前のこと。
    俺たちは一度地上から消えかかって、そこから盛り返したのだ。
    そして5〜6万年前、ついに紅海を渡った。世界の果てを目指す旅に出た。
    それについて書いたブログは ここ★ に(ぴったり1年前)。

    こういう事実を知ると、どうにもいとおしい気持ちが込み上げてくる。
    宇宙史を見渡せば、7万年前なんてほんの昨日のようなもの。
    そのころ俺たちはたぶん、食うや食わずで、明日死ぬかもしれなかった。
    姿形も似通ってて、そしてたぶん、全員と言葉が通じた。
    歌って踊ることは、きっとその頃から好きだった。
    いつか、自分たちの子孫が66億にも増えて、大地の隅々にまで行き渡り、
    やがて空を越えて星まで行けるようになるなんて想像もしなかった。
    だんだんと、お互いに容貌も言語も違ってしまって、
    お互いのことが怖くなったり憎くなったりして、
    時には大規模に殺し合ったりするなんて思いもしなかった。

    だけど俺たちは、歌ったり踊ったりすることが、今でも好きだ。
    それに、4年ごとに世界中から1カ所に集まって同じルールに則って
    技を競い合ったりしてる。そんないかした祭りがいくつもあるんだ。
    祭りのさなかではみんな、お互いの違いなんか気にしてないように見える。
    (まさに来年、故郷・アフリカの南の果てで大きな祭りがあるね。)

    俺たちはこの星の上で、一度はバラバラに散ってしまったのに、「科学」って
    魔法みたいなものを編み出して、お互いの物理的距離をほとんどなくしてしまった。
    相手の言葉や文化を学ぶことで、精神的な距離まで縮めようとしてる。

    昔、近しい家族だったことを思い出すみたいに。

    そういえば2ヵ月前。日本中が日食に気をとられてたころ、
    こんなことも起こってた。


    ★木星に地球サイズの衝突跡



    個人的には、日食よりこっちのほうがエキサイティングだった。
    また地球は兄弟星に守られたみたいだぜ!
    (以前、木星について書いたことは ここ★ に)

    で、これからが気になるのはこれ。


    ★ケプラー、系外衛星発見の可能性
    ★新生ハッブル望遠鏡の最新画像を公開




    ハッブルさんにもめちゃくちゃお世話になってきて、5年も寿命が
    延びたなんて最高だけど、ケプラーさんも相当やってくれそうスよ…!


    時間的もしくは空間的に、遠くへ…
    できるだけ遠くへと思いを馳せると、
    身近な悩みが吹っ飛んでくれることがある。

    俺たちは、自分がそう望みさえすれば、
    遙か彼方に目をやることができる。
    もの凄く遠くまで心を届かせることができる。
    それが嬉しくてたまらないときがある。




    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM