<< 仙台にて | main | カナエール2015 夢スピーチコンテスト横浜 >>
2015.03.02 Monday

応援。

0


    第4回釜石応援サミットというものに参加してきました。
    https://www.facebook.com/furusatokamaishi





    銀座の ChairS という場所に集まったたくさんの参加者が
    釜石の現状と未来を見据えていました。講演をなさったのはこのお三方。


    ・釜石新聞社 川向修一氏 (復興釜石新聞のあゆみと地元メディアから見た復興)
    ・釜石市教育委員会 生涯学習文化課 森一欽氏(釜石と鉄、橋野高炉、そして世界遺産登録へ)
    ・釜石市役所スポーツ推進課 増田久士氏(ラグビーW杯会場誘致、釜石とラグビーについて)


    私は鵜住居での中学時代、釜石新聞社の前身である東海新聞を配達していたことも
    あって、故郷の人たちを元気づける地元紙が末永く続くことを願っています。
    橋野高炉が世界遺産に登録されるかどうかも気にかかるところですが、
    特に関心が大きいのは、私が通っていた母校(鵜住居小・釜石東中)の跡地に
    建てられる予定のスタジアムのことです。
    2019年のラグビーワールドカップの試合が釜石で行われるかどうかは
    なんと今夜、アイルランドでの理事会の発表で判明します…!


    開催されて欲しい反面、ワールドカップ後のスタジアムの維持費が町を
    圧迫しないかどうか懸念していましたが、増田さんのお話を聞き
    後々のこともよく考えられていることが分かって少し安心しました。
    もし母校の跡地で世界的な試合が行われるとしたら、ぜひ見に行きたい
    ものだと思っています。


    美味しい釜石の銘菓・銘酒もたくさんありました。
     (浜千鳥、塩辛、鮭の氷頭、釜石ラスク、プラリネロール、こびりだんご、
    鉄鉱石シュケット、釜だんご味の釜石ラガークッキー他)



    会場でいただきましたが、明星からこんなカップ麺も発売されました!
    嬉しいものです。



    そして、会場に来られていた坂井さん・高池さんと合流しました。
    以前ここでご紹介した「いろりを囲む釜石ファンの集い」
    http://blog.t-sawamura.net/?eid=1177742
    の主催のお二人です。むろんこのお二人は、何度も紹介している
    「足りない活字のための言葉展」
    https://www.facebook.com/kamaishiletterpress
    の実現に尽力されました。サミット終了後に、まだゆっくりお話を聞けて
    いなかった高池さんにインタビューする時間をいただき、展覧会実現のための
    苦労や喜びについてうかがうことができました。


    昨年から続けているインタビューも、ついに終わりが見えてきました。


    痛み止めを求めて様々な人生をそれぞれが生きている。
    私も堪えながら書き続けます。




    最近は真面目なブログが多いので、次回は久々に
    ライヴレポートなどできるかもしれません。できるといいなあ。
     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM