<< 見本出来。エッセイ掲載。 | main | 無欲の勇者たち(なでしこリーグ) >>
2015.07.18 Saturday

仲代達矢先生 「バリモア」。

0

    初目撃してきました。




    言わずと知れた、日本映画の黄金時代から現在に至るまで
    第一線に立ち続けておられる、生ける伝説を。


    名優を輩出してきた無名塾も初訪問。


    私は戦後から1960年代までの日本映画が好きで、
    もちろん黒澤・小津両巨匠の作品も好きですが
    もっと好きなのは川島雄三監督と成瀬巳喜男監督。
    数々の名作を、たくさんの名優が彩ってきましたが
    仲代先生は今も現役で走り続けている、数少ない巨星のお一人!


    一般的にはたぶん黒澤作品が有名で、たとえば「用心棒」や「椿三十郎」の
    仲代先生の異様なまでの存在感に震えるのはもちろんですが、
    成瀬監督の「女が階段を上るとき」の夜の街に棲む一途な男、
    「娘・妻・母」でのごく普通の男の姿にも、とても惹かれます。
    原節子先生とのキスシーン(のようなシーン)は今も鮮やかに瞼に残る。


    今回初めて、生身の仲代先生を拝見しました。
    最前列で、時には手を延ばせば触れられる距離にまで来てくださいました。
    老優の悲哀と狂気と陶酔を、朗々たる台詞と叫びと、踊りと歌で
    存分に表現されていました!  御年82。敬服する以外にない。
    先生、貴方は凄い! ありがとうございました。
    (なお、私が勝手に先生とお呼びしているだけでむろん面識はございません。)


    さて、海の日には、別の恩人にお礼を申し上げに行ってきます。
    次は俳優さんではなく、アスリートですが。
     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM