<< keep praying (和紙キャンドルガーデン -TOHOKU 2015-) | main | 『あの日から -東日本大震災鎮魂 岩手県出身作家短編集-』 10月11日発売 >>
2015.09.18 Friday

国会議事堂前にて。

0

     

    歴史の現場に行きました。
    ほんの短い時間しかいられませんでしたが…
    行かずにはいられなかった。
    私の心は、ここにいる皆さんと共にあります。




    「ナントカ法案」が通るから歴史なのではない。
    年齢と立場を問わず、あらゆる人々が危機感に駆られ
    声を上げねばならない、と決意し、集まる場が生まれた。
    そのことが歴史です。

    外からの軍事的な脅威より、
    与党の傲慢と専横の方がよほど恐ろしい。
    そんなことも分からない人がまだまだ多いとしたら
    愕然とするし、ただ、悲しく思います。



    直言は避けるのが信条です。
    語るのは、小説でこそ。それが小説家の本分だと思うからです。
    しかし今回は違う、と思いました。

    黙っていることや、斜に構えて見ているだけなんて簡単です。
    だが、我々が黙っていることが
    権力者を増長させたのではないか。


    私は小説で、世界の暗部と人間の闇を描き続けてきました。
    (その先にある光も。)
    現実の世界は、更に醜いのでしょうか。


    それでも私は人間の叡知に期待し続けます。




     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM