<< クラン完結編 発売予告。カバー完成 | main | 『あの世とこの世を季節は巡る』 3月5日発売です >>
2018.01.12 Friday

240,000の死者の名前

0

     

     
    沖縄に行って参りました。
     
    生まれて初めてでした。
    知己もおり、様々に案内してもらって楽しみもしましたが、
    ここでは、最も心に留まった場所についてだけお伝えします。
     
     
    平和祈念公園。
    この地に広がる、平和の礎。
     
     
    沖縄戦で亡くなった、夥しい人々の名前が刻まれています。
    沖縄の人、本州の人。
     

    岩手県人の犠牲者もここにまとめられていました。

    日本人に限らない。どの国の人も等しく、碑に記名されています。
     
    ただ圧倒され、言葉を失いました。

    これらの名前を持つ人が、なぜ死んだか。
    地震や津波ではない。殺し合いによって命を散らせたのです。
    国家に命じられた殺し合いによって。
     
    沖縄戦に限っても、これほど膨大な人の名前が並ぶ。
    日本中を、アジア中を、世界中を見渡せば、どれほどになるか?
     
    私が『一柳美結シリーズ』で追い求めたテーマの一つ、
    「武力が何をもたらすか」。その完璧な答えが、
    沖縄本島の南の果てで私を待っていました。
     
     
    これほどの無為が、二度とあってはならない。
    これ以上に罪深いことはこの世にない。
     
    240,000 の名の前に立ち、かつ武力を追い求める者は、学ぶ能力が根本的に欠けている。
    これほどの経験を経て、なお戦前に戻ろうとするような国は未熟に過ぎる。
     
    答えは明白なのに、無理解な人間が消えない。
    現在のこの国の状況を見ると、果てしない悲観に陥ってしまいます。
    それでなくとも政府の沖縄に対する仕打ちは非道すぎる。昔も今も。
    国民の無関心と無慈悲がそれを許してしまっている。
     
    それでも、気づいている人。警告を発している人。正しい事実を伝えようとしている人もいる。
    一体いま、政府が何をしようとしているか。
    マスメディアの報道、その表面だけを見ていてもなかなか伝わっては来ません。
     
    だがしっかり探せば、真実は見つかる。
    本物の智者が、絶えず我々に、過ちを繰り返さないための知恵を伝えているのが分かる。
    みなさん、ぼんやりしないでください。
    真実を求めて動き続けてください。
     
    これほどの犠牲を無駄にせずに、正しい未来を築くための叡智は確立しています。
    まだ見つけていないとしたら、もう少し努力してください。
    もっと考えてください。
    できるなら行動してください。
    光に辿り着くまで。
    人間が、人間らしくある世界に住めるまで。
     
    私は希望を捨てません。
     
     
    沢村 鐵
     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM