<< シリーズ完結篇、『クラン此挌売されました。謝辞 | main | 『あの世とこの世を季節は巡る』、宮崎ひかりさんのイラスト公開 >>
2018.01.27 Saturday

書店さん巡り(+ラジオ局・新聞社) 岩手篇

0
    シリーズ完結篇『クラン此挌売に合わせて、御礼行脚の始まりです。

     

     

    大寒波の風雪の中、走り抜けて参りました。故郷の岩手県を。
    県都の盛岡を。

     

     

    初めて訪れた エムズエクスポ さん。

    これほど広く、綺麗で充実した書店さんが存在するとは!

    カフェも併設し、望みの本を携えて質の高い時間を過ごせる
    素晴らしい空間が広がっています。

     

    県民の皆さん、ぜひ訪れてみてください。

     

     

    東山堂イオンモール前潟店さん。

    こちらも初めてでした。店長さん直々の、この見事な陳列デザイン。
    どの角度からでもシリーズが際立ちます。

     

     

    東山堂イオンモール盛岡南店さん。

    久しぶりの訪問です。この店オリジナルのPOPが光ります。
    手作りのものには理屈抜きに感激させられます。
    一気読みは私からもおすすめしております(笑)

    なにせこのシリーズは、ほんの一週間の出来事を濃密に描いています。

    一気に読んで物語をリアルタイムで追いかけていく感覚を

    味わっていただければ嬉しいです。

     

    さらには、さわや書店ORIORI さん。

    さわや書店フェザン店の上のフロアにオープンしたお店、初訪問です。
    今や新たな文化の担い手として書店業界で随一の発信力を誇る
    さわや書店さんですが、その勢いを感じられるお店でした。
    『ノヴェリストの季節』『封じられた街』など既刊も
    まとめて置いてくださっているのが嬉しい。

     

     

    この日は最後に、さわや書店さんで最もお世話になっている
    栗澤順一さんと打ち合わせ(飲み会?)。本店店長の大池さんも合流し、
    明日のラジオ放送の段取り確認も早々に、様々な話題に花を咲かせました。

    よく笑い、喋らせていただきました。遅くまでありがとうございました〜

     

     


    翌日は、IBCラジオ「朝からRADIO」への生出演からスタート。
    雪が止まず、交通状況はよくないので移動の際はいささか不安も
    覚えましたが、なんとか到着。

    パーソナリティの 村松文代さんとは、
    『あの日から -東日本大震災鎮魂 岩手県出身作家短編集』出版祝賀会
    でお世話になって以来でした。

     

     

    【BOOKナビ】コーナーはさわや書店さんがレギュラー出演しています。
    村松さんの巧みなリード、大池さん栗澤さんのフォローのおかげで
    訥々とながらもいろいろ喋らせいただきました。
    クランシリーズの内容はもちろんのこと、故郷の復興についての個人的な思い。
    一緒にブースに入って喋ってくれた 編集者・金森君 の成長物語など、
    硬軟織り交ぜざっくばらんに話が展開しました。
    サイン入りのシリーズ全巻プレゼントの告知も。

     

     

    その後は新聞取材です。岩手日報さん、盛岡タイムスさんの社屋を訪れて
    インタビュー取材をしていただきました。近日、記事が掲載されると思います。
    チェックしていただけると幸いです。

     

     

    取材後は、さわや書店フェザン店さん本店さんを巡り、色紙やサイン本を
    作らせていただいたり、さわや書店の方々といろんなお話をさせていただきました。

     


    田口前フェザン店長、松本フェザン店長。“書店員X”長江さん。
    竹内ORIORI店長。
    そして、イオンモール釜石店時代からずっと応援して
    くださっている佐々木さん
    名物書店員や恩人との再会と語らいはとても楽しいものでした。
    皆さんの活動から刺激を受け、力に換えています。岩手を、そしてもちろん

    読者全般を元気づけられるよう私も頑張ります。

     

     

     

     

    今回お力添えいただいた皆様、本当にありがとうございました。
    岩手あっての私です。
    これからも東北魂、岩手魂、釜石魂、鵜住居魂を芯に据え、
    前に進んで参ります。

     

     

     

     

    そして、来る2月。
    書店さん回りの舞台は首都圏へ。
    東京も寒い。でも、心は熱く!
    皆さんとご縁がありますように!

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM