<< 鵜住居に少しずつ人の暮らしが戻っている。(帰省記2018 その1) | main | 転石苔むさず…新宿にて >>
2018.05.07 Monday

街に活気を注ぎ込むクリエイターたち。(帰省記2018 その2)

0

     

     

    先日ここでも告知したイベントにも参加させていただきました。
    好きな本を紹介し合う会にひょっこりお邪魔し、少しお話しさせて
    いただいただけですが。

     

     

    地元の人、外から来た人、子供から壮年まで。いろんな方々が集まって
    ほんわかワイワイ盛り上がりました。とにかく面白くて幸せな時間でした。

     

    会場は建築士のMさんがリノベーションを成し遂げた
    釜石大観音仲見世商店街内の「シェアオフィス マルダイ」
    https://www.facebook.com/kamaishinakamise/
    すんごくおしゃれで快適な空間です。オフィスを探している方は
    すぐお申し込みを!
    Mさんは大病から復活されたばかりで、思わず抱擁。
    (プライバシー保護のため不自然な白塗り)

     

    釜石の劇団もしょこむ https://www.facebook.com/moshokom/ は以前にも紹介させていただきましたが、
    この建築士Mさん、代表のK子さん、脚本家のAさん、スタッフのほ〜でなす隊長Mさんなど才人揃い。
    このイベントにも駆けつけてくださいました。

    大好評のうちに終えた最新公演はここで観られます!
    「華とワカメとヒーロースーツ」2018年3月18日 @ 釜石市民ホールTETTO

     

    このイベントの司会として、大きく盛り上げてくださった森林の女神・Tさん。

    わざわざ足を運んでくださった桑畑書店の店主桑畑さん。
    (新市民ホールTETTO のすぐそばにある桑畑書店さんでは
    なんと沢村鐵コーナーまで作っていただいていました。恐縮です!)

     

    その他の参加者も含め、皆さんの様子をごく控えめに。

     


    中でも子供たち!
    こどもの日なのに、こんな大人のイベントに、
    大人顔負けの真面目さで参加してくれてほんとにありがとう!
    沢村賞は彼女たちのものでした。

     

    みなさん、釜石にたしかに、元気はあります。たくさん。
    鵜住居もどんどん元気になりますよ。

     

     

     

    できるなら来春に、また私は舞い戻ります。故郷に。
    もちろん来秋のラグビーワールドカップの試合にも。

     

     


    以下、Snap Shots。

    釜石イオンタウン内のさわや書店さん。いつもありがとうございます。

     

    釜石港。毎回行きたくなる場所です。

     

    釜石市役所。勇壮なこいのぼり。

     

    野生のシカとも触れあえる。人になれていて、怖くないです。たぶん(笑)

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM