<< 「極夜」シリーズ第2弾『カタストロフィスト』、11/11 発売決定! | main | 『極夜2 カタストロフィスト』カバー完成 >>
2019.10.15 Tuesday

再び傷ついた故郷の人々に幸あれ。そして、ハギビスの××野郎。

1

 

このたびの台風19号によって被災された全国の方々にお見舞い申し上げます。

 

まず、この写真をご覧ください。

そうです。
10月13日、私の母校跡に建てられた 
釜石鵜住居復興スタジアムで行われる、
2試合目にして最後の試合。
私は、観戦する予定でした。

 

 

台風19号… 異名は、ハギビス
呪わしきこの名を、私は忘れることはないでしょう。

 

試合前日。ハギビスは関東・東海地方に大雨を降らせ、
交通機関を完全に麻痺させようとしていました。


その直前に私は東京を脱し、故郷へと向かいました。

翌日、試合が無事開催されることだけを祈りながら
一夜を過ごしました。
しかし…
翌朝早く入った速報は無情。


試合中止。

それどころか、その日釜石で予定されていたファンゾーンでのイベントも全て中止。

東日本大震災からの復興を目指して誘致された、ラグビーワールドカップ。

しかし故郷は、再び災害によって、貴重な機会を奪い去られたのです。

ハギビスの馬鹿 のおかげで在来線もぜんぶ止まってしまいました。


岩手県の内陸地方、親戚宅に身を寄せていた私は、故郷の沿岸の町に
辿り着く機会さえ奪われた。
すべてをキャンセルし、帰宅を余儀なくされた私は打ちひしがれました。

 

ところが、お世話になっている親戚宅で声が上がりました。

 

「車で釜石へ行ってみよう」

 

道路事情もはっきりしない中です。それでも、なにもしないで去るのは無念。
私は親戚の厚意により、ともかくも生まれ故郷を目指すことにしました。

 

結果として、高速道は一部不通になっていたものの、
一般道も使えば 釜石に辿り着くことができました。
しかし、冠水したり泥を被った場所があちこちに。

 

鵜住居の復興スタジアムにも、辿り着けはしました。

しかし中には入れない。


スタジアムのまわりには、試合中止を知っても未練を抑えられず、

やってきた人たちがちらほら。同志です。


ただし私は、この素晴らしい光景には出逢えなかった…

https://twitter.com/TYFK2019/status/1183246399648911360?s=20

 

地元の方々が、キックオフ時間にあわせて大漁旗を振ったのです。
せめてこれには間に合いたかったが、時すでに遅しでした。

 

※追記11/11。当日の詳細記事はこちらです。

【ラグビーW杯】試合中止の釜石で振られた大漁旗。10月13日に起きた「小さな奇跡」

https://news.yahoo.co.jp/byline/taramasataka/20191108-00149893/


関わったすべての方々が、本当に、無念に歯噛みしたことでしょう。

ハギビスの馬鹿野郎。

 

途方に暮れている私たちを不憫に思ったのか、通りかかったこの外国人の一団
大会マスコットキャラクターのピンバッチをプレゼントしてくれました。


ありがとう!…

 

試合は中止になったのに、カナダ代表は釜石に残って
ボランティア活動をしてくれたそうです。
少し離れた沿岸の町、宮古にいたナミビア代表
急遽ファンイベントを開催してくれたそうです。


ありがとう、ラガーマンたち!

 

もちろん、その夜、スコットランドを打ち負かして歴史を作った

日本代表にも感謝。

 

釜石の人たちも、本当は、ファンゾーンに集まってパブリックビューイングで
盛り上がりたかったはず。


そんなイベントさえ潰してしまった、
ハギビスのクソ馬鹿野郎。

 

閑散としたファンゾーンでは、ボランティアスタッフのみなさんが

キャンペーングッズなどを配ってくださっていました。

無念を隠して、笑顔で…

 

 


たくさんの悲嘆と希望が交錯した楕円球の宴。
この連休を、みなさんも暮らしているそれぞれの場所で傷つき、
複雑な思いを抱いて過ごされたことでしょう。

 

それがどうか、癒える傷でありますように。


ブレイブ・ブロッサムズが更なる勇敢さを見せ、
我々に力を与えてくれますように。

 

なにより釜石市に、鵜住居町に幸あれ。
 

 

これは鵜住居に建てられた津波の慰霊碑です。

設置されてから、初めて訪れることができました。

同級生や知人の名も記されています。


 

 

奪われたものを埋め合わせる、なにか 新しい光が、
遠からず 復興スタジアムを照らす。

私はそれを疑っていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM