<< シリーズ完結篇『極夜3 リデンプション』、アンソロジー『刑事の灯』、本日発売です | main | 『はざまにある部屋』 7/4 発売決定 >>
2020.05.08 Friday

続く極夜の中で

1

 

 

 

重ねて皆さんに、お見舞い申し上げます。

 

 

緊急事態が続き、不自由な日々を過ごされていることと思います。
不自由、などという生やさしい状況でない方も多くおられるでしょう。

 

だれにとっても対岸の火事ではない。未曾有の不況が巻き起こっています。
どの業界でもその余波を免れない。出版業界も同じです。
営業の縮小を迫られる多くの書店さん。
売り上げの予測を立てづらい版元さん。
もちろん書き手も、得体の知れない未来に打ち震えています。

 

「極夜」シリーズ完結にあたり私は、首都圏の書店さんはもちろん
故郷の岩手の書店さんにもご挨拶して回る予定でしたが、
すべて無しになりました。

 

 

版元の祥伝社さんは、冒頭に掲示した、力強い POP を製作して
書店さんに配ってくださいましたが、
果たして幾つの書店さんの店頭に飾られたことか…
客足が減った店頭で、どれだけの方の目に触れたことでしょう。

 


いま、日本中の人たちが
政府に、権力者たちに厳しい視線を注いでいます。
彼らの挙動が自分たちの生死に直結することに気づいたから。

 

しかし、緊急時ばかりではない。「平時」と呼ばれるときから
彼らに厳しく目を向け、評価しておくべきではなかったでしょうか。

 

 

日本に住む人々は政治を我が事と考えず、権力者たちについて
おおっぴらに語ることをよしとしない。
それが正しい態度でないことは、こうした困難な時にはっきりします。


語らない、考えない。

それは幼稚で、無責任でしかないということ。

 

ふだんから我が事として考え、
正しいリーダーを選んでおかないとどうなるか。
全ての人がいま、身をもって感じているはずです。

 

あの権力者は、民のために仕事をしているか?
それとも、自分のためだけか?

 

しっかり観察し、吟味していれば
見極められないはずがありません。


小説家には、多くの人に警鐘を鳴らし、
鋭い感性を育てる手助けをする役目も持つ。
これからも自分の仕事を全うしたいと決意しています。

 

 


坂本龍一さんの金言「炭鉱のカナリア」を含むライヴレポートを。
http://blog.t-sawamura.net/?eid=1177828


いま思えば、極夜の訪れを予見したような拙ブログも再び。
http://blog.t-sawamura.net/?eid=1177826
http://blog.t-sawamura.net/?eid=1177818

http://blog.t-sawamura.net/?eid=1177811
http://blog.t-sawamura.net/?eid=1177799

 

 

 

ただただ、皆さんがご無事でありますように。

 

 

 


 

コメント
コメントする








 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM