<< 連載第9回 | main | 連載第10回 >>
2008.03.10 Monday

生命の条件、その5。(続・偉大なる木星)

0

    前回の続きです。木星です。

    地球の気候が安定しているのは、綺麗な円軌道を描いて太陽の
    周りを回っているから。
    俺たちは、それを当たり前のことと思っていないだろうか?
    ところが、俺たちの太陽系以外を観測すると、これほど安定した
    円軌道を持っているのはむしろ少数派らしい。他の太陽系では、
    惑星たちはひどい楕円軌道を描いたり、極端な場合はその太陽系
    から放逐されたり、太陽に呑み込まれたりしてしまう。生命には
    極めて厳しい環境だ。発生したとしても、進化などなかなか
    できないだろう。

    ところが、太陽系の中で巨大ガス惑星の数が1個か2個程度なら、
    重力の相互作用がうまい具合に軌道を安定させ、円軌道を維持
    することができる。
    まさに俺たちの太陽系がこうだ。木星(と土星)のおかげで、
    俺たちは一年を穏やかに過ごせる。
    何事もなく、くるっと綺麗に太陽を一回りできるわけだ。

    俺たちは知らず知らず、星たちに守られ、恩恵をこうむってきた
    のである。

    63個の衛星を従えて、地球の兄弟星はきょうも、6億キロ以上
    彼方を回っている。

    あの一つ目で、きょうも地球を見守ってくれてるのかもしれない。
    なんてね。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM