<< 連載第10回 | main | 連載第11回 >>
2008.03.17 Monday

ポかリン記憶舎。

0


    大好きな団体の公演が始まるので、ぜひお知らせしておきたい。
    たしか2000年ごろから、だいたいの公演は見せてもらっているけど、
    ポかリン記憶舎が表現するものを、言葉で伝えるのは常に難しい。

    確かに言えることは、いつだって「楽園」を作り出すということ。
    楽園の有り様は、その都度様々だけど、見ている人間はうっとりしたり
    溜め息をついたり、胸を詰まらせたり、すっかり茫然としたりする。
    文字通りの楽園のこともあるし、「柔らかな地獄」という名の楽園
    だったりすることもある。

    作・演出を務める舎長の明神さんは、時間の流れをゆっくりにする
    魔法も知っているし、時には心地よい、時には痛切な空間に
    観客の魂を漂わせる術も知っている。
    また、あの感覚を味わえる――。楽しみだ。

    思い出深いのは、2004年夏の第11回公演「煙の行方」「煙ノ行方」。
    いま俺が連載中の劇団小説「運命の女に気をつけろ」を書くために
    舞台裏を取材させてもらったのだけど、公演の出来があまりに
    素晴らしくて3回見ても飽きなくて、ああいつかまた見たいなあと
    思わせる作品だった。楽屋や打ち上げにまでお邪魔させてもらって、
    役者さんたちの生の姿にも触れられたり…
    とても刺激的で鮮烈な夏でした。

    新作公演は18(火)から。
    当日券もあるようなので、興味が湧いた方はぜひ。

    cafe公演 『humming2』@ MURIWUI(http://www.ne.jp/asahi/cafe/muriwui/
    3/18(火)〜3/23(日)19:30
    3/24(月)16:00/19:30

    ポかリン記憶舎のサイト
    http://www.pocarine.org/mt/
    稽古場日誌
    http://pocarine.blog17.fc2.com/

    (電球の写真とポかリン記憶舎は直接関係ないです。イメージです。)
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM