<< 連載最終回。そして番外編のお知らせ | main | 美しき敗者。(UEFA Champions League) >>
2008.05.20 Tuesday

さよなら また逢う日まで。(劇団ブラジル)

0
    17日に、劇団ブラジル『さよなら また逢う日まで』を観た。

    いやあ面白い。
    ワンシチュエーションで、小悪党たちの友情と愛と裏切りを描く
    ストーリー。
    俺の好きな映画、『レザボア・ドッグス』を彷彿とさせながらも、
    そこに男の子的友情、魅力的な女性も入れて恋愛関係をまぶし、
    予期せぬ裏切りと、だれが本当の黒幕か最後まで分からせない
    展開が絶妙。
    キャスティングも素晴らしい。俳優さんがぜんぶ、役にぴったり
    合ってて輝いてた。
    「ヤバイ役」が多い印象の中川智明さんが、いつ狂気を爆発させる
    のだろうと思ってみてたら今回はすごくまともな、友情や愛に熱い
    役で、それが素晴らしくていい意味で裏切られたし、初めて見たけ
    川島潤哉さんの演じたキャラクターは最高。なにをやらかすか
    予測がつかず、あらゆる台詞が爆笑を引き出す。出番がいちばん
    短いけどいちばんおいしい役どころだった。

    後半、疑心暗鬼と裏切りの中で一人一人倒れていって、見事な
    幕切れに至るまでは本当に圧巻だった。
    誘ってくれた先輩に感謝。

    終演後、作・演出のブラジリィー・アン・山田さんにちゃっかり
    自分の今度出る本の宣伝物も渡してしまった(笑)。
    でも、劇団ものの小説だしさ。楽しんでもらえるといいんだけど。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM